牛乳よりも豆乳が好き

 牛乳を飲めば背が高くなるとみんな信じてた。だから当然私も小さな頃から牛乳を水代わりに飲んでいたものだ。

 しかし、実は私は乳糖不耐症だ。それに気が付いたのは大人になってから。

 子供の頃からずっと下痢気味だった。子供の頃からずっと牛乳を飲んでいたから。でも、下痢が牛乳のせいだなんて思ったことはなかった。下痢が普通でそれが私の体質だとずっと思っていた。

 しかし、大人になって乳糖不耐症という症状があるのを知り、牛乳を飲まなくしたらピタリと下痢は収まり、オナラも臭くなくなった。そして牛乳を飲むとまた下痢と臭いオナラが復活した。

 以来、20年以上牛乳は飲んでいない。しかし、私は乳製品は大好きなのだ。チーズは大好物だし、バターをたっぷり使ったフランス料理も、生クリームのケーキだって好きだ。

 幸運だったのは、チーズのような乳製品を食べたり、なんとかオレみたいなミルクの入ったやつを少し飲んだりということでは下痢までしない。牛乳そのものをゴクゴクと飲むと下痢してしまうのだ。

 なので、もう20年ぐらい私は牛乳の代わりに豆乳を飲んでいる。初めは豆臭くて嫌だったんだけど、慣れるとこれはこれで結構おいしく、牛乳よりも豆乳のが好きになった。だから豆乳は調整豆乳じゃなくて無調整の豆の味がするやつ。調整豆乳は色んな添加物が入っているから嫌だというのもあるけど、それよりは豆の味が好きだからという理由が大きい。

 牛乳を使った料理も、豆乳で代用できるものも多い。まったく同じ味というわけにはいかないが、ちゃんと美味しく食べれる。正直、料理に使うぐらいなら牛乳を使ったってかまわないのだが(実際外食する時は全く気にしないで乳製品を使った料理を食べている)、普段牛乳を飲まないので家の冷蔵庫に牛乳がないのだ。

 私のように味が嫌いじゃなければ、牛乳と違って動物性の脂肪も摂らなくて済むし、豆乳の方が良いと思う。タンパク質もきちんと摂れるし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする