部屋をトレーニング部屋に

 自宅に余っている部屋が一つある。自宅を建てた時に母親と同居を考えて作っておいた部屋だが、土壇場で母親が「あんたと一緒には住めない。」と同居を断ってきたため、空いていたのだ。母親はまだ一人の生活を満喫していたいらしい。

 空けておくのも勿体ないので、私のトレーニング部屋にした。

自宅のトレーニング部屋

 床に敷くマットとフラットベンチとダンベルとEZバーとディップスの出来るぶら下がり健康器。全部買い揃えても数万円ぐらいだった。昔に比べたら安くなったものだ。

 昔は格闘技をやったりジムでウエイトトレーニングをしたりしたものだが、今はただの腹の出たおっさんだ。しかし、この腹さえなんとかなれば、かなりイケてるおっさんではある。今年のバレンタインのチョコがもらえなかったのはひとえにこの腹のせいであり、腹が凹めばモテモテになるのは間違いないのだ。

 せっかく買い揃えたのだから、しっかり身体を鍛えようとは思うのだが、仕事から帰ってくると疲れてしまって中々トレーニングできない。つい、一杯飲みたくなってしまう。

 まあ、そんな言い訳をしていると腹が凹むことは未来永劫ないと思われるので、帰宅したらまず走り、そして筋トレをする。

 毎日の日課としたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする