年金以外の収入

 さて、昨日は私たちが引退した頃には年金はもらえないのではないかということを書いた。

 全く貰えない可能性もあるとは思うが、実際は支給対象年齢を上げ、支給額を下げることによって、私が生きている間(あと40年近く)はもたせられるような気もする。

 しかし、今だって少ない年金がさらに少なくなり、もらえる年齢も上がるわけだから、これはもう貰えないという前提で、貰えたらラッキーと思って、人生設計をしなくてはならない。

 さあ、ここからが問題だ。60歳で引退後80歳まで生きるのに、夫婦二人月に30万×12か月×20年で7200万円必要となり、ちょっとでも余裕のある生活を送ろうとすれば月に40万×12か月×20年で9600万円が必要となる。

 生きていくギリギリ、旅行や外食などは出来ないような生活で、さらに夫婦二人お互いに大きな病気もせず認知症とも無縁で介護は必要なく、最後はぽっくりと自宅で朝起きていたら死んでいたみたいなラッキーなパターンにはまれば、何とか夫婦二人で月に20万円で生きていけるかも知れない。それでも60歳の段階で4800万円の資産を持つ必要がある。

 これはかなり厳しいと思う。退職金と貯蓄合わせても(私が引退する頃に退職金という制度が生きていたとして)、5000万も6000万も資産を持てるとは思えない。であれば、年金以外の収入を持たなくてはならないわけだ。

 選択肢はいくつかしかない。

1 定年後も働く
2 子供に養ってもらう
3 株やFXなどで稼ぐ
4 アパートなどを持って賃貸収入を得る

 多分、これぐらいだろう。今後、これらの選択肢についてメリットや問題点などを考察していきたいと思う。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする