サンドバッグ

 イケてるおっさんは40代だ。そして腹が出ている。これは由々しき事態なのだ。顔周りに脂肪が付かない体質なので会社の女の子たちにはバレていないが、腹だけはぽっこりと出ているのだ。いわゆるビールっ腹というやつだ。

 これかなり大変なことで、小さい方の用を足す時に下を見てもモノが見えないという男として非常に問題のある状況が生まれてしまう。いや、正確に言えばまだ見えてはいる。ただ、見えづらくなっているということだ。あと少し腹が大きくなると完全に私の視線からモノが隠蔽されてしまう。それだけはイケてるおっさんとしては絶対に避けなければならない。

 さて、自宅の一室をトレーニング部屋にしたことはもう書いた。そこに新しい仲間が加わったのだ。それはサンドバッグ君。こいつだ。

サンドバッグ

 バッチンバッチンと蹴る。無心でひたすら蹴る。蹴って蹴って蹴りまくる。

 と言うととてもカッコいいのだが、30秒も蹴ると息が上がってもう蹴れなくなる。情けない話だ。しかし、毎日蹴っていればこれも慣れてもっと蹴れるようになるだろう。

 このサンドバッグ、結構いい感じなのだ。もちろん、吊るすタイプのサンドバッグとは比較にならない。しかし、置くタイプのものでこんなに蹴れるとは予想外だった。

 土台の部分に100kgちょっとぐらい小石を入れて(初めは入っていないのでホームセンターで買ってこなくてはいけない)重りにするので、だいぶ安定感がある。値段もリーズナブルだ。ちょっと腹が出ていることを気にしているイケてるおっさんには必須のアイテムと言えるだろう。

ファイティングバッグ 《格闘家ナットクの打撃感覚!》 サンドバッグ(サンドバック)*

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする