先輩から聞いた不動産投資の話

 先輩から聞いた不動産投資の話をする。

 そもそもなぜ先輩が不動産投資をしようかと思ったのか聞いてみたところ、理由は凄い単純で仕事が嫌いだったとのこと(笑)


 上司や先輩の理不尽さにも辟易としていたし、会社の中の色々な矛盾が我慢できなかったと。でも、先輩は奥さんや子供、さらには実家のお母さんも養わなくてはいけないので、会社を辞めて転職するということは出来なかった。

 でも、定年までこのままの状態は我慢できない、なんとかしなくてはいけないと思い、どうやってお金を稼ぐか必死に考えたらしい。

 で、その答えが不動産投資だったそうだ。

 普通、会社以外でお金を稼ごうと思ったら、皿洗いのバイトとか株式投資とかが思い浮かぶと思うんだが、その先輩はいきなり不動産投資をすると決めたのがちょっと変わっている。それまでに不動産投資の経験なんて全くなく、周囲で不動産投資をしている人もいなかったらしいのに、どうしてそうなるか私なんかの感覚では理解できない。

 なんでも、考えに考え、さらに自分で調べた結果不動産投資しかないと確信したとのことだった。酒を飲んでいたので、先輩の言ったことを一言一句全て覚えているわけではないが、このブログで先輩がなぜ不動産投資を選んだか書いていこうと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする