SSD

 先日、パソコンを買い替えた。今まで、VISTAだったから一気に7と8を飛ばして10になったわけだ。会社ではウィンドウズ7を使っていたのだが、10を使ったことがなかったので、ちょっと操作に戸惑った。あれ?コンピュータはどこ?コントロールパネルは?という具合で。

 まあ、OSは予想通りだったんだけど、びっくりしたのがSSD。

 そもそもSSDの存在を知らなかったのだけれど、パソコンを注文する際にHDDとSSDを選べるとなっていたので、SSDとはなんぞやとネットで調べたわけだ。

 そうするとSSDは良いことばかりじゃないか。最大のメリットは言うまでもなくデータの処理が高速ということだが、その他にも音がしないから静かとか、HDDと違ってディスクがあるわけじゃないから、耐衝撃性が高いとかね。

 デメリットとしては値段の問題だけ。まだHDDよりは高いんだ。あとは容量がそれほど大きいものは出ていない。

 で、私はHDDは2TBにして、SSDを256GBにした。動画だとか重いものはHDDにぶっこんじゃって、CドライブをSSDにすればこの容量の問題は解決だからだ。

 パソコンが届いたら驚いた。OSの立ち上げの速さったらない。他にも画像や動画の表示速度だって早い早い。そもそもVISTA搭載のパソコンと比べる方が間違っているんだけどさ、それでも会社のSSDを搭載していない7機と比べてもとてつもない速度の違いだ。

 こんなにストレスなくパソコンが使えるならもっと早くにSSD搭載のパソコンに買い替えてればよかった。

 ちゃんとコンピューターの勉強もしないとイケてるおっさんでいられないな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする