柴犬を飼う前に子供にも読ませねば

 先日紹介した柴犬の飼い方の本。

 読めば読むほど、覚えなくてはならないこと、柴犬を我が家に迎える前に用意しておかなくてはならないものなどが盛りだくさんで焦ってきた。しつけとか社会化とか大変そう...

 これはちょっと大変なことになってきたぞ。嫁にも子供にも読ませて家族全員でしっかり学習し、準備万端で臨まねばならぬ。

 仔犬の時にしつけを間違うと後から矯正するのは非常に大変らしい。それは仔犬にとっても人間にとっても不幸なことだから、仔犬の時にしっかり愛情を込めてしつけに取り組まないといけない。

 それでも楽しみではある。この本には仔犬の可愛い写真がいっぱい載っていて、私が眉間に皺を寄せながら一生懸命理解しようと本を読んでいても、そこかしこに載っている可愛い写真や絵を見て自然と頬が緩んでしまう(笑)

 柴犬の仔犬が来る前からすでに親バカというか飼主バカになり始めてる気がするな。写真を見ながら「どんな子が来るのかなあ。」とか、「ああ、こんな仕草されたらたまらないよなあ。」とかね(笑)

 ああ、仔犬が来るのが楽しみだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする