定年後に遊んだのでは遅すぎる

 片岡鶴太郎さんのインタビューで、「定年後に遊んだのでは遅すぎる」という言葉があった。

 そうなんだよね、定年後に時間が出来て遊ぼうと思っても身体がついていかない可能性もある。また、定年後にやることがないという問題もある。

 私なんかは仕事をしなくて良いなら、遊びまくってヒマになるなんてことはないと思うんだけど、世の中にはやることがなくて毎日家に居て奥さんに疎まれてしまっている定年後のお父さんは山ほどいる。

 若い内から趣味を持ってたくさん遊ぶことが大切と鶴太郎さんは言うが、実際は私も含めて普通のサラリーマンは遊ぶ時間がない。仕事しなくて良いなら遊ぶ時間はあるけど、そうすると今度は遊ぶ金がないという状況だ。

 では、どうするか。やっぱり前に話した不動産投資の家賃収入で暮らしている、定年前にさっさと仕事を辞めて趣味に生きている先輩を見習うしかないのかなと。

 それで最近不動産投資の勉強をしている。ネットで調べたり本を読んだりだ。ただ、わからない部分があったり、これは違うんじゃないかとか思ったりする部分もあるので先輩に聞きたかったりもするんだけど、中々予定を合わせてもらうのも悪い気がして聞けないでいる。

 不動産投資の無料のセミナーとかもあるから行って色んな話を聞いてみるのも良いかも知れないな。先輩もセミナーなんてどんどん行けって言ってたし。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする