アニサキス

 最近、アニサキスという寄生虫のことをよくニュースでやっている。ほとんどの魚に寄生しているとのこと。

 このアニサキスに関して、私は凄く誤解をしていた。サバなどにアニサキスは多く寄生しているのだが、ちゃんと酢で〆ていれば寄生虫は死ぬのかと思っていたのだ。

 アニサキスは酢ぐらいでは死なないらしい。


 私はシメサバが大の好物で、寿司屋に行ってシメサバを食べないということはあり得ない。サバにあたってしまうのはちゃんと酢でしっかり〆てないからだと勝手に思っていたのだ。

 報道によると酢で〆る〆ないは全く関係なく、アニサキスを殺すためには70度以上で加熱するかマイナス20度以下で24時間冷凍しなくてはならないのだそうだ。

 サバに限らず、ほとんどの魚にはこのアニサキスは寄生しており、安全な魚などはいないそうだ。ただ、養殖の魚に関してはほとんど寄生していることはないらしい。

 つまり、寿司や刺身を食べるということは、マイナス20度以下で冷凍していない限り、必ずアニサキスのリスクはということ。ただ、アニサキスは肉眼で見えるほど大きいので、調理の際に見つけると職人はみんなそれを取ってしまうそうだ。それでも、肉の中に入り込んだアニサキスを見つけられずに食してしまうことで食中毒は発生してしまうらしい。

 ちなみに、回転ずしのネタは全て冷凍か養殖ものなのでアニサキスにあたる心配は要らないとのこと。

 寿司屋と言えば回転ずしのおっさんはそれを聞いてホッと一安心したのだった(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする