猿ヶ京温泉への旅

 昨夜、猿ヶ京温泉から帰って来た。後輩と男二人旅なんていう色気もなんにもない一泊二日の旅だったが、良い息抜きになったよ。

 まず、国立・府中インターから中央道に乗り八王子で外環に乗り換え。そして鶴ヶ島で関越へ。いやあ、外環がつながって便利になったよ。うちは中央道の国立・府中インターがすぐ近くなので、高速に乗るまでに朝なら10分もかからない。

 月夜野で降りたのがちょうどお昼ぐらい。お腹が空いたので国道沿いの食事処に入る。すえひろというお店だ。

 中に入るとメニューに蕎麦のデカ盛りがあった。先日の静岡での富士山盛りには残念な思いをしたが、デカ盛り王国群馬のことだからちゃんとした大盛なのだろう。

 で、その蕎麦のデカ盛りが安い。かき揚げが付いて1000円。早速頼んでみる。

 おお、これは嬉しい。結構な量がある。後輩の頼んだ蕎麦は普通盛りなので比べると写真でもデカ盛りなのがわかる。

 味も美味しいし、量も充分。これがたったの1000円(税抜き)で楽しめた。帰りもここに寄ろう。

 蕎麦を食べて車に乗ると10分ぐらいで猿ヶ京に到着。ネットで見たら猿ヶ京では橋の上からバンジージャンプが出来るとのこと。私はそのような恐ろしいことをわざわざお金を払ってまでやる趣味はないので、橋の上から見学だけすることにする。

 この橋の上からバンジーだ。

 恐ろしいことになっている。

 ちなみに値段は1万1千円だそうだ。早々に退散して宿に向かうことにした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする