猿ヶ京温泉の宿

 昼飯を食べて猿ヶ京温泉の宿に向かう。15分もしないで赤谷湖のほとりにある宿に着いてしまった。チェックインの時間よりも相当早い。

 宿の入口になぜか電光掲示板で「吉川晃司愛の宿」と書いてある。この宿はどうしちゃったんだろうか。多少の不安もありながら、宿に入る。

 チェックインの時間にはなってなかったものの、愛想の良い美人女将や従業員が全然構いませんということでチェックインさせてもらえた。助かった。

 部屋は目の前が湖。特に部屋の指定はしていなかったのだが景色の良い部屋にしてくれたみたいだ。ここは温泉が自慢でもちろん100%源泉かけ流し。大浴場が男女一つずつ計2つ(時間で入れ替え)に貸切露天風呂が5つもあった。

 さっそく飯の前にさっそく貸切の方の風呂に入る。

 写真は朝一で入った時のものだが、ひなびた感じのヒノキの風呂で素晴らしい。貸切なのでざぶんと湯船に入ると豪快にザバーっとお湯が流れとっても贅沢な気分になる。肩凝りも取れてスッキリだ。

 そして食事。時間は夕方6時以降であれば何時でも大丈夫だそうだ。もちろん、夜中にすると言ってもダメだろうが。宿代は安いのに食事は充分美味しい。

 酒を飲んで良い気分になり、また外にある露天の貸切風呂に入る。5つもあるから選べて飽きない。湯あたりするぐらい浸かって部屋に戻ったらバタンキュー。朝は5時ぐらいに起きてまた温泉に。24時間いつでも好きな時に入れるというのも贅沢。

 朝食も時間が選べる。内容は普通の旅館の朝食だ。焼き鮭が美味しかった。

 女将や従業員がとても親切で良い宿だと思った。良い宿に安く泊まれる平日休みって本当に良いなとつくづく感じる。

 で、どうしても気になったので、吉川晃司愛の宿ってなんなんですかと強面のオーナーに聞いたところ、オーナーが吉川晃司の大ファンで勝手に電光掲示板に流しているそうだ。吉川晃司愛の宿というのは、「吉川晃司愛する宿」で別に「吉川晃司愛する宿」ではないとのこと。なので、吉川晃司から許可を取っているわけではないようだ。

 しかし、以前に吉川晃司が宿の前を通った時に電光掲示板を見掛けて宿に寄ってくれたことがあるらしい(ただ寄っただけで泊まったわけではないとのこと)。ということは許可貰ったのと同じということか。まあ、面白いオーナーではあった。

 赤谷湖の横を通る国道沿いにある宿なので、もしも猿ヶ京に行くことがあったら是非電光掲示板を確認して欲しい。笑えると思う。

 日帰り入浴も出来るので、源泉かけ流しの贅沢な貸切露天風呂5つを堪能してみるもの良いだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする