山梨の桃の食べ方

 嫁の母親の実家が山梨なので、毎年この時期になると桃を送ってきてくれる。私も子供も桃は大好きなので、毎年大喜びなのだ。

 送ってきてくれる桃は熟していないのでまだ固い。当然、熟して柔らかくて甘くなった状態で我が家は食べるのだが、山梨の人たちは違う。


 山梨の人たちはみんな固い桃を食べるのだ。私たち東京の人間はみんな柔らかくなってぶちゅうとした食感の桃を食べる。でも、山梨に行って食卓に出てくる桃は全てショリショリとした食感の硬い桃なのだ。

 これが私はちょっと苦手。やっぱり柔らかい桃が好きなのだ。でも、山梨の人は好意で固い桃を出してくれるので黙って食べている。

 なんだか、山梨県民は柔らかい桃は腐る直前ぐらいに思っている様子が見受けられる。なので当然客人に柔らかい桃などは出さないわけだ。

 桃の本場の人がそういう食べ方なので、そちらの方が正しいというか本式なのだろうが、私はいまだに柔らかい桃じゃないと美味しいと思えないんだよなあ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする