うな次郎

 うなぎを食べなくなって久しい。でも、うなぎは私は大好物なのだ。では、なぜうなぎを食べないのか。

 中国産が怖いのだ。マラカイトグリーンとかが検出されて検疫で止められたなんて報道を観ていると怖くて食べれないのである。だって、検疫で止められるのなんてほんの一部でしょ。だから本当は凄い量の殺菌剤などで汚染されている中国産のうなぎが入ってきているわけだ。


 そうなると中国産のうなぎは怖くて食べれない。でも、国産のうなぎは高い。高いくせにこの前もニュースで高級うなぎ店で中国産のうなぎを国産だと偽って提供していたなんてやっているのを観てしまうと国産と謳っていても本当なのかわからない時代なのだ。

 そこでうな次郎を食べてみた。うな次郎がなんのか知らないであろう。

 魚のすり身で作ったうなぎのかば焼き風の食べ物だ。

 これをパックから出して電子レンジで温め、温かいご飯の上に乗せる。パックに入っているかば焼きのタレと山椒をかけて頂く。


 う~ん、確かにうなぎ風だけど...うなぎじゃないね。うん。目をつぶって食べてもうなぎじゃないのはわかる。

 美味しいかと言われれば、微妙。不味くはない。でも、それほど美味しいものでもない。普通である。

 やっぱりうなぎが食べたいなあ。でも、うなぎを食べているような気分にはなれたよ。値段が安いからね。これはこれでありだと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする