蕁麻疹の治療法

 医者で貰ったパンフレットによると、蕁麻疹の治療法は二つある。まず、蕁麻疹の原因がわかっているのであれば、それを避ける。単純な話だ。

 つまり、蕎麦や甲殻類を食べて蕁麻疹が出ているのならばそれらを食べないようにする。下着の締め付けなどの物理的刺激なら皮膚が擦れないようにする。薬剤などの薬疹であれば該当する薬を飲まないなどだ。


 しかし、私もそうだったが、蕁麻疹の7~8割が原因が不明。原因が不明だと特定の刺激を避けようがない。なので、蕁麻疹のもとになるヒスタミンを抑える抗ヒスタミン薬を飲むことになる。

 私の場合は薬が合ったのか抗ヒスタミン薬ですぐに蕁麻疹は収まったが、蕁麻疹が出たとか蕁麻疹かな?と思ったらとにかく医者に行く。これに尽きる。自分で判断して変に薬局で市販の薬などを買うよりも医者に行って薬を処方してもらった方が間違いがないし、経済的にもそれほど負担はかからない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする